HOME > 文化との関わり > TOA 匠ワークショップvol.5「韓国伝統音楽 サムルノリの世界」レポート

文化との関わり

コラム

TOA 匠ワークショップvol.5「韓国伝統音楽 サムルノリの世界」レポート

2012年9月 6日

 

2012年8月24日(金)、ジーベックホールにて、レクチャートークと演奏体験 「TOA 匠ワークショップVol.5『韓国伝統音楽・サムルノリの世界』」を開催し、学生の方、小学校教員の方から一般の方まで、幅広くご参加いただきました。

 

ワークショップでは、まず「サムルノリを知る」ことからスタート。プロ奏者によるサムルノリ(注)の実演に加え、歴史や音楽的構成を紹介するレクチャートークが行われました。レクチャートークでは、熱心にメモをとる参加者の姿も見受けられました。

 

img_20120906T01.jpg

続いては、参加者によるサムルノリ演奏体験。ひとり1台の伝統楽器を持ち、楽器の奏法やリズム演奏を実践しました。中心楽器である両面太鼓「チャンゴ」は、左手のバチを逆手に持つ独特の奏法。慣れ親しんだ西洋楽器とは全く異なることに加え、西洋譜で表すことの出来ない、独特のうねるようなリズム感に参加者は困惑の色を隠せません。最初はいかにも弱々しい打音。でも何かのきっかけで快音が響いた途端、みるみる夢中になる様子がうかがえました。
しめくくりの全員合奏は、たった一時間の練習とは思えないほど、思い切りが良く力強い演奏に。参加者は、サムルノリを演奏することの楽しさを実感している様子でした。

最後のプログラム「代用楽器によるサムルノリの教材化について」では、演奏の楽しさを、学校の音楽室で再現する方法を紹介しました。シンバル、スネアドラムなどの代用楽器で、プロ奏者がサムルノリを再現する一幕も。プロ奏者は「初めて演奏したけど、これは楽しい!」、参加者は「サムルノリの雰囲気がちゃんと出ている」と評価は上々で、教材活用の可能性を共有することができました。

盛りだくさんのプログラムでしたが、参加された皆さんからは、「普段あまり触れることのない音楽だったので、新鮮でした」「サムルノリのことは知らなかったけれど、とても楽しかった」などの声をいただきました。

 

なお、今回ご紹介した楽曲の楽譜や授業案等についての資料は、以下のURLからダウンロードしていただけます。
http://xebec.co.jp/event/2012/08/takumi5/

 

(注)「サムルノリ」は、朝鮮半島に伝わる音楽をベースにした韓国の打楽器アンサンブルです。「サムル」は「4つのもの」、「ノリ」は「あそび」の意味で、砂時計の形をした両面太鼓チャンゴをはじめ、プク(大太鼓)、ケンガリ(鉦)、チン(ドラ)の4つの打楽器で演奏します。

<<前の記事へ 次の記事へ>>

テーマ 環境との関わり 文化との関わり Follow us!

ココロンのツイッターココロン

お知らせもツイートしています。

最近のコラム
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 -水の旅-」5
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 -水の旅-」4
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 ‐水の旅‐」3
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 ‐水の旅‐」2
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014 「循環 ‐水の旅‐」1
社会貢献・環境活動
TOAコンテンツ
  • みるみる

    最新の映像機器システムで
    「安心」「安全」な町作りサイト。

  • 音空間

    あなたの悩みを解決する
    音のポータルサイト。

イベント情報
  • TOA自社ビル内のホール。
    様々なイベントを行っています。

  • 音楽を通した
    中高生育成プログラム。

プロフィール TOA株式会社 運営主体 このサイトについて

私たちが地域社会とのふれあいや、環境共生に向けた取り組みコラムをブログ形式で紹介しています。

TOAニュースリリース

2015年4月30日
TecnoMultimedia InfoComm Brasil 2015出展のご案内
2015年4月30日
2015年度「夏の軽装活動(クールビズ)」の実施について
2015年4月 1日
音楽ワークショップ「TOA Music Workshop」公募のお知らせ
2015年3月20日
HD-SDIレコーダー H-R161-8
2015年3月18日
フルHDネットワークPTZカメラ N-C3500