HOME > 文化との関わり > アートを通じた学びを考える定期勉強会『スルー』第14回 (中編)

文化との関わり

コラム

アートを通じた学びを考える定期勉強会『スルー』第14回 (中編)

2011年9月28日


【2日目 午前】
「音楽教材をつくろう(前編)」

2日目は、「教室でできる!かんたんワークショップ」※1の制作です。小学校の音楽の教科書が資料として並べられ、小学校教員やNPO関係者、学生、会社員の参加者が、それらを手にとりながら、「授業で簡単に取り入れられて、子どもたちも楽しめるワークショップって、どんなものだろう?」と考えていきます。そのなかで、1日目に体験した、机をリズミカルに叩いたり爪で音を出したりするワークショップを応用すれば、身の回りに楽器がなくても気軽に取り組め、子どもたちが全員で楽しめる、一体感のあるワークショップになるかもしれない、という意見が出ました。しかし、体験したワークショップに使われていたリズムは複雑で、そのままでは気軽に取り入れることができません。そこでメンバーは、「お囃子」に着目しました。「お囃子」は、誰にとっても親しみのあるリズムなので取り組みやすい上に、日本の伝統音楽は小学校の音楽の授業カリキュラムに含まれており、先生も授業の一部として取り入れやすいのでは、ということになりました。

これらのディスカッションで出た意見を集約し、「つくえばやし」という音楽教材の制作がスタートしました。実際に会場の机を教室の形に並べ、机をリズミカルに叩きながら、皆で練習しつつ、意見を出し合います。まずは中心となる、短いリズムパターンを講師の安永さんが考えました。それだけでは物足りないので、「教壇にいる先生が指揮をする」、リズムの合間に「後を向いて、後ろの人の机を叩く」「隣の席の人とハイタッチする」など、教室の環境を生かしたおもしろいワークショップになるよう、どんどんアイデアを出していきました。

30分後。「つくえばやし」が、ようやく形になってきました。午後からは、プロのカメラマンが入って、ウェブに掲載するためのビデオ撮影をします。皆で考えた「つくえばやし」が教材として形になるのは、いよいよここからです。

(後編につづく)

 

 img_20110928T01.jpg

        皆でディスカッションしながら、教材を考えます

 

 img_20110928T02.jpg
     試行錯誤しながら、ワークショップをつくっていきます


※1 「教室でできる!かんたんワークショップ」
http://www.toa.co.jp/mecenat/tmw/workshop/

TOA Music Workshop特設サイトで公開しているコンテンツのひとつ。アーティストが行うワークショップのうち、手軽に楽しめ、小中学校の授業で取り入れることができるメニューを『スルー』メンバーの協力のもと、制作しています。

<<前の記事へ 次の記事へ>>

テーマ 環境との関わり 文化との関わり Follow us!

ココロンのツイッターココロン

お知らせもツイートしています。

最近のコラム
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 -水の旅-」5
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 -水の旅-」4
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 ‐水の旅‐」3
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 ‐水の旅‐」2
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014 「循環 ‐水の旅‐」1
社会貢献・環境活動
TOAコンテンツ
  • みるみる

    最新の映像機器システムで
    「安心」「安全」な町作りサイト。

  • 音空間

    あなたの悩みを解決する
    音のポータルサイト。

イベント情報
  • TOA自社ビル内のホール。
    様々なイベントを行っています。

  • 音楽を通した
    中高生育成プログラム。

プロフィール TOA株式会社 運営主体 このサイトについて

私たちが地域社会とのふれあいや、環境共生に向けた取り組みコラムをブログ形式で紹介しています。

TOAニュースリリース

2015年4月30日
TecnoMultimedia InfoComm Brasil 2015出展のご案内
2015年4月30日
2015年度「夏の軽装活動(クールビズ)」の実施について
2015年4月 1日
音楽ワークショップ「TOA Music Workshop」公募のお知らせ
2015年3月20日
HD-SDIレコーダー H-R161-8
2015年3月18日
フルHDネットワークPTZカメラ N-C3500