HOME > 文化との関わり > アートを通じた学びを考える定期勉強会『スルー』第8回

文化との関わり

コラム

アートを通じた学びを考える定期勉強会『スルー』第8回

2011年3月29日

アートを活用した学びについて考える定期勉強会『スルー』の第8回が、2月20日に京都市内で開催され、現職の教員、NPO関係者など7名が参加しました。

 

今回は、実際に小学校で行われているアートのワークショップを体験してみることを目的に、アーティストの重本晋平さんをゲストに招いて「まちくさワークショップ」を行いました。

「まちくさワークショップ」は、道ばたに生えている雑草に自由に名前をつけ、写真を取り、最後に参加者全員で発表するものです。「草に名前をつける」ことを通じて、それぞれが自由な想像力を発揮するとともに、身近な自然を見つめ直す機会をつくります。

 

今回は、普段子どもたちが行うのと同じ形で「スルー」のメンバーが体験しました。ひとり一台カメラをもって、会場の近所を探索します。路地の奥、アスファルトのひび割れ、溝の中など、さまざまな場所に生えている雑草を見つけ、名前をつけて写真に撮っていきます。30分後に会場に戻り、撮ってきた写真を発表しました。

「まちくさ」の名前は本当にさまざま。草を擬人化して名前をつける人、パッと見た印象でたくさん名付ける人、草が生えているシュチュエーションから想像を膨らませて物語を作る人・・・同じ草でも、見る人によって、まったく違う名前がつくこともあり、発表はとても盛り上がりました。

 

重本さんは「まちくさワークショップ」についてこう語ります。「子どもたちは“まちくさワークショップ”によって、違う発想、違う視点があることに気がつきます。また、町を歩くことで、自分たちの町を見直すことにつながります。“まちくさワークショップ”をしていると、近所の人が声をかけてくれ、そこからコミュニケーションが生まれたりもするんですよ」。

 

参加した小学校の先生からは、「どの学年でも取り入れられそうです。生活科の“まち探検”、理科の“春みつけ”“夏みつけ”、自然体験など、いろいろな展開ができそう。外で行う活動として、とてもいいと思います。」とのことでした。

 

ようやく寒さもゆるみ、暖かくなってきたこれからの季節にぴったりのワークショップでした。

 

重本晋平(しげもとしんぺい)さんのウェブサイト「まちくさ」

http://machikusa.com/

img_20110329T01.jpg

<<前の記事へ 次の記事へ>>

テーマ 環境との関わり 文化との関わり Follow us!

ココロンのツイッターココロン

お知らせもツイートしています。

最近のコラム
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 -水の旅-」5
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 -水の旅-」4
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 ‐水の旅‐」3
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 ‐水の旅‐」2
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014 「循環 ‐水の旅‐」1
社会貢献・環境活動
TOAコンテンツ
  • みるみる

    最新の映像機器システムで
    「安心」「安全」な町作りサイト。

  • 音空間

    あなたの悩みを解決する
    音のポータルサイト。

イベント情報
  • TOA自社ビル内のホール。
    様々なイベントを行っています。

  • 音楽を通した
    中高生育成プログラム。

プロフィール TOA株式会社 運営主体 このサイトについて

私たちが地域社会とのふれあいや、環境共生に向けた取り組みコラムをブログ形式で紹介しています。

TOAニュースリリース

2015年4月30日
TecnoMultimedia InfoComm Brasil 2015出展のご案内
2015年4月30日
2015年度「夏の軽装活動(クールビズ)」の実施について
2015年4月 1日
音楽ワークショップ「TOA Music Workshop」公募のお知らせ
2015年3月20日
HD-SDIレコーダー H-R161-8
2015年3月18日
フルHDネットワークPTZカメラ N-C3500