HOME > 文化との関わり > アートを通じた学びを考える定期勉強会『スルー』第2回(前編)

文化との関わり

コラム

アートを通じた学びを考える定期勉強会『スルー』第2回(前編)

2010年8月27日

現職の小学校教員の皆さまとともに、アートを活用した学びについて考える定期勉強会『スルー』の第2回が、8月22日に開催されました。

第2回のテーマは、「小中学生向け音楽ワークショップの体験と意見交換」。今回は、TOA トライやる・ウィーク(2008年)やTOA Music Workshop(2008年、2009年)に参加して頂いたジャワガムランユニットのHANA★JOSS(ハナ・ジョス)にご協力頂きました。HANA★JOSSは、2002年11月にインドネシアのジョグジャカルタで結成されたガムランユニットです。ジャワ島中部のガムランと影絵芝居ワヤンの上演、 ガムランの新曲製作、また他ジャンル楽器とのコラボレーション、ワークショップなどを多数開催しています。

会場は、茨木市にあるHANA★JOSSのスタジオ「Studio Rumah Wayang」。参加者は、関西の小学校教員ほか6名です。 ガムランをはじめて知ったという方もいらっしゃり、まずは楽器の紹介からスタート。ガムランは、インドネシアの民族音楽。楽器編成は様々ですが、ゴング類の金属打楽器と鍵盤のある金属打楽器、そして太鼓などが中心となって構成され、「青銅の交響楽」とも言われています。ガムランの楽器はひとつひとつ職人よる手作りで、中には今ではもう作る技術を持った職人がいないという貴重な楽器もあるそうです。

まずはHANA★JOSSに実際の演奏を聞かせて頂きました。暗くした会場で、ゆったりと流れるガムランの音楽と歌声。参加者はすっかりリラックスして、その世界に浸ることができました。その後、実際に楽器に自由に触らせて頂きました。日本やヨーロッパにはない不思議な音色と、その独特の演奏方法に、参加者は興味深々・・・。

ガムランの主要な楽器のひとつ、「グンデル」
ガムランの主要な楽器のひとつ、「グンデル」

※参考URL
HANA★JOSS 
http://www.hanajoss.net/index.html

(後編につづく)

<<前の記事へ 次の記事へ>>

テーマ 環境との関わり 文化との関わり Follow us!

ココロンのツイッターココロン

お知らせもツイートしています。

最近のコラム
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 -水の旅-」5
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 -水の旅-」4
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 ‐水の旅‐」3
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 ‐水の旅‐」2
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014 「循環 ‐水の旅‐」1
社会貢献・環境活動
TOAコンテンツ
  • みるみる

    最新の映像機器システムで
    「安心」「安全」な町作りサイト。

  • 音空間

    あなたの悩みを解決する
    音のポータルサイト。

イベント情報
  • TOA自社ビル内のホール。
    様々なイベントを行っています。

  • 音楽を通した
    中高生育成プログラム。

プロフィール TOA株式会社 運営主体 このサイトについて

私たちが地域社会とのふれあいや、環境共生に向けた取り組みコラムをブログ形式で紹介しています。

TOAニュースリリース

2015年4月30日
TecnoMultimedia InfoComm Brasil 2015出展のご案内
2015年4月30日
2015年度「夏の軽装活動(クールビズ)」の実施について
2015年4月 1日
音楽ワークショップ「TOA Music Workshop」公募のお知らせ
2015年3月20日
HD-SDIレコーダー H-R161-8
2015年3月18日
フルHDネットワークPTZカメラ N-C3500