HOME > 環境との関わり > 音響機器も無縁ではない。『シックハウス』への対応

環境との関わり TOA株式会社は、Fun to shareに賛同しています。

コラム

音響機器も無縁ではない。『シックハウス』への対応

2007年9月10日

今回は『シックハウス(シックハウス症候群)』をテーマに、TOAの取り組みについてご紹介します。
シックハウス症候群とは、住宅の新築・リフォーム時に使用する建材から空気中に放出した揮発性の化学物質(ホルムアルデヒドなど)により、 頭痛や吐き気、めまい、呼吸器障害、皮膚炎などを引き起こすことです。しかも、その原因は住宅建材だけではなく、 家具やカーテンといった生活用品、日用品の材料にまで及ぶといわれています。

各種、音響機器をメインに製造・販売するTOAにとって、この問題は重要と考えました。そこで2004年4月より、 自社商品の木製スピーカーや木製ワゴンラックなどにおいて、有害物質を発生するおそれのある板材、木質材、 接着剤などの部材や材料を使用した商品についての調査を行ないました。分析機関の協力のもと、 以下の代表的機種において製品材料のシックハウス対応を確認し、 揮発性化学物質の放散量が厚生労働省で定められた規制値以下であることを確認しています。

・体育館用コラムスピーカー:T-650
・設備用据置型スピーカー:SR-F3、FB-120B(W)
・壁掛けスピーカー:BS-32ZT、BS-51SA、F-160GM
・ワゴンラック:4機種

TOAでは各種教育機関に向けても、さまざまな音響機器、その他の商品を納入しています。このシックハウス対応を確認した商品は、 文部科学省の指針値である、「学校環境衛生の基準」に配慮したシックハウス対策モデル製品でもあります。子どもたちの健やかな成長は、 私たち大人や社会の手に委ねられています。シックハウスへの対策は一般のかたはもちろん、子どもたちの未来ためにも、TOAはこれまで同様、 人に環境にやさしい価値ある商品づくりをモットーに邁進いたします。
BS-51SA

<<前の記事へ 次の記事へ>>

テーマ 環境との関わり 文化との関わり Follow us!

ココロンのツイッターココロン

お知らせもツイートしています。

最近のコラム
環境との関わり
2013年度COOL BIZ(クールビズ)の実施結果&節電対策
環境との関わり
"COOL BIZ(クールビズ)" 節電への取り組み ~2012年夏
環境との関わり
小型充電式電池のリサイクル活動 2010年度
環境との関わり
ほぼ適合が完了! 「RoHS指令」準拠への自主的な取り組み
環境との関わり
"COOL BIZ(クールビズ)"実施中
社会貢献・環境活動
TOAコンテンツ
  • みるみる

    最新の映像機器システムで
    「安心」「安全」な町作りサイト。

  • 音空間

    あなたの悩みを解決する
    音のポータルサイト。

イベント情報
  • TOA自社ビル内のホール。
    様々なイベントを行っています。

  • 音楽を通した
    中高生育成プログラム。

プロフィール TOA株式会社 運営主体 このサイトについて

私たちが地域社会とのふれあいや、環境共生に向けた取り組みコラムをブログ形式で紹介しています。

TOAニュースリリース

2015年4月30日
TecnoMultimedia InfoComm Brasil 2015出展のご案内
2015年4月30日
2015年度「夏の軽装活動(クールビズ)」の実施について
2015年4月 1日
音楽ワークショップ「TOA Music Workshop」公募のお知らせ
2015年3月20日
HD-SDIレコーダー H-R161-8
2015年3月18日
フルHDネットワークPTZカメラ N-C3500