HOME > 文化との関わり > トライやる・ウイーク2006「島っ子ボイスシアター」

文化との関わり

コラム

トライやる・ウイーク2006「島っ子ボイスシアター」

2007年4月18日

プロのアーティストと一緒に、プロのホールを使って、一生に一度しかできない自分たちの音楽のコンサートを開こう。

1998年から兵庫県の全県行事として進められている「トライやる・ウイーク」。県下の全公立中学校二年生が、一週間学校を離れ、 校区の企業や施設で社会体験を行う教育行事です。

TOAでは地域貢献の一環として毎年生徒を受け入れ、音楽の創作活動に取り組んでいます。最終日に成果を発表するコンサートは、 地域と企業との交流の場としても親しまれています。
2006年度のテーマは、楽器などを使わず、人間の声だけでいろんなことを表現する、ボイスパフォーマンス。ホーメイ奏者の尾引浩志 氏、 能楽の今井尋也 氏という「声の芸術家」がゲストです。歌うわけでもなく、言葉を発するわけでもなく、声だけで表現ってどんなコト? 最初は恥ずかしいやら戸惑うやらで、びくびくしている子供たち。

本番に向けて真剣に取り組む生徒と尾引氏

さて、二人のプロ音楽家との一週間の創作活動で、どんな音楽表現を見せてくれたのでしょうか。
コンサート本番、薄明かりの中、まずは「声明(しょうみょう)※注」からスタートです。

本番での声明。幻想的な雰囲気です
※声明:仏教儀式に用いられる美しい調べを持つ宗教讃歌、とくに声楽曲のことを指す

ア、エ、ウなどの母音だけを長く深い声で出し続ければ、なぜだか不思議なハーモニーで会場が満たされていきました。
クライマックスは、アニマルコンダクション。森を模した舞台セットに、子供たち扮する様々な動物が隠れています。 ひとつの茂みを指差す尾引さん。
するとそこから、鳴き声が。
次々と指差せば、あちこちの茂みからいろんな鳴き声が入り混じり、最後には全員入り乱れての大合唱。 とうとう茂みから飛び出てきた子供たち全員が、今度は尾引さんの指揮にあわせて自由に声を出します。指の動きを声でトレース、 高く指を差し上げれば高い声、低くすれば低い声、波打たせれば声を震わせ、円を描くと・・・・もう、はちゃめちゃ!? 
できあがったステージは、まさに声の遊園地。

アニマルコンダクションの様子。指揮者の動きが激しすぎて。。。

意味のある言葉なんて一言もないのに、なぜだか楽しく、明るく、元気なステージに仕上がりました。 この活動を始めていよいよ10年。 毎年違う個性の子供たちが、毎年違う音楽を創ってくれました。2007年度もまた、ここで新しい音楽が生まれることを祈っています。

舞台フィナーレ

<<前の記事へ 次の記事へ>>

テーマ 環境との関わり 文化との関わり Follow us!

ココロンのツイッターココロン

お知らせもツイートしています。

最近のコラム
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 -水の旅-」5
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 -水の旅-」4
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 ‐水の旅‐」3
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014「循環 ‐水の旅‐」2
文化との関わり
トライやる・ウィーク2014 「循環 ‐水の旅‐」1
社会貢献・環境活動
TOAコンテンツ
  • みるみる

    最新の映像機器システムで
    「安心」「安全」な町作りサイト。

  • 音空間

    あなたの悩みを解決する
    音のポータルサイト。

イベント情報
  • TOA自社ビル内のホール。
    様々なイベントを行っています。

  • 音楽を通した
    中高生育成プログラム。

プロフィール TOA株式会社 運営主体 このサイトについて

私たちが地域社会とのふれあいや、環境共生に向けた取り組みコラムをブログ形式で紹介しています。

TOAニュースリリース

2015年4月30日
TecnoMultimedia InfoComm Brasil 2015出展のご案内
2015年4月30日
2015年度「夏の軽装活動(クールビズ)」の実施について
2015年4月 1日
音楽ワークショップ「TOA Music Workshop」公募のお知らせ
2015年3月20日
HD-SDIレコーダー H-R161-8
2015年3月18日
フルHDネットワークPTZカメラ N-C3500